MRになる為に必要な能力について

MRになる為に必要な能力について

これまでMRの特徴について調べましたが、就職・転職した際に即戦力になるための必要な能力を考えてみました。

全ての職業において、特に転職の場合は即戦力となる事が求められるのは当然の事ですが、MRの業務スタイルは独特なものです。

高収入で、やりがいがあり、仕事時間が自由などとメリットのあげれば良い事ばかりですが、そこには意外と高い能力が必要とされているのです。

まずは自己管理能力です。

仕事時間が自由と言われる車による営業活動ですが、医薬品の販売数だけが評価基準の世界なのです。

手を抜くのは簡単ですが数字が伸びなければそれまで、自分を律する事ができなければ続ける事が困難な仕事なのです。

次に適格な判断力と行動力です。

営業活動において何らかのトラブルが起こった時、相談できる人やフォローしてくれる人はいないのです。

全て自分で判断して対応しなければなりません。

つまり、与えられた仕事について会社から全て一任されている立場だという事を忘れてはならないのです。

次にMRに必要な能力は上手なコミュニケーション能力です。

営業という職種である以上、口下手だったり人見知りでは仕事にならないでしょう。

その点は就職・転職の際の面接等で判断できるかと思いますが、まずは人の信頼を得られるかどうかです。

好感の持てる話し方や簡潔に伝えられる会話力も必要ですが、そこにたどり着くにはどんな相手でも的確に対応できる上手なミュニケーション能力が必要になるのです。

最後は仕事について向上心を持つ能力です。

MRはたくさんの医薬品に関する知識が必要です。

そしてその医薬品は次々に新しい物が生まれています。

つまり、新しい医薬品についての勉強を疎かにするようではMRは続けられないと思います。

より上質な仕事をするために勉強して自分を高めて行く気持ちがなければ務まらない職業だという事ですね。

調べてみると、MRに必要な能力はやはりレベルの高いものでした。

就職・転職先として人気がありますが、半端な気持ちでは決して続かない仕事だと思いました。